メインイメージ画像

翻訳を依頼する際は正確性に目を向けることが大切です

翻訳は業者に依頼するケースが多いです。依頼しても、その翻訳の品質や精度が低いと翻訳の意味がありません。間違った翻訳の状態で受け取ってもこちらにはほとんどわからないので、依頼する前にコツなどを確かめましょう。まず、自分がどの程度での精度を求めているのかについてです。

重要な契約等に係る文章を依頼する場合、翻訳に間違いがあったりしたら大きなトラブルに発展しかねません。

割安でもレベルの低いサービスを利用してしまうと、結局最後にレベルの低い翻訳を知らないままに受け取ってしまいかねないので、翻訳料は極力ケチらずに依頼しましょう。反対に、私用で軽く使うような文章を依頼する場合、あまり高い料金を依頼してもミスマッチなはずです。そんな時は、翻訳料などの低さで選んでもそこまで問題はないでしょう。

次に、日本語としてどの程度まで成り立っているかです。外国語に自信のない方が翻訳すると不自然な文章になるように、翻訳がイマイチな人に依頼すると、日本語が不自然な文章になりやすいのです。

また、文章の使い方で日本語の使い方に変化が現れます。そのため、どんな場面でこの文章などを使うのかを予め伝えることで、それに適している文章を作ってもらえるように依頼しましょう。文章を変えてみると説明しましたが、単語に関しても同じです。専門用語がほとんどの文章を求めている場合、翻訳者がそれに関する知識を持っているかは正確な翻訳を行うのにとても重要です。仮に専門用語が使われていても、どこか間違ったような使い方や、そもそも殆ど使われていないといった可能性もあります。

専門用語を全て正しく使える翻訳者の人はそう沢山いるわけではありませんが、間違いを起こさないためにも慎重に選びましょう。翻訳の正確さや精度だけでなく、専門用語の翻訳ができるかなど、翻訳を依頼すると軽く言っても様々な点に気をつけなくてはならないのです。自分が訳文を見ても間違いに気付かないかもしれませんし、翻訳の正確さは金額より重要なのです。まず、事前に資料などを渡してから説明をして、間違った翻訳をされないように注意することが大事です。